うどん・そば専門店 そば処盛安

〒913-0046 福井県坂井郡三国町北本町3-2-30
TEL 0120-82-0405 FAX 0776-82-1405
info@udon-soba.com 代表責任者 森安康作
 冷凍生麺
 ・越前おろしそば
 ・越前おろしうどん
 半生麺
 ・越前三國
   おろしうどん

 ・お試しセット
 盛安の概要
 盛安の場所(地図)
 盛安の歴史
  1
-2-3-4
 各先代から一言
 自慢のメニュー
 当店の全メニュー
  1
-2-3-4
 売れ筋ベストテン

 うどんの
  おいしい茹で方

 うどん・そば豆知識
  1.そば湯について
  2.そばがきについて
 プロが教える
  変わった食べ方

 「生そば」の上手な買い方

 店主プロフィール
 リンク
 お友達に
  すすめ〜る♪情報

 お客様の声

 通信販売の法規

 三國の見所
 現在製作中です。




湊町の蕎麦屋のオヤジは獣医さん(その4)







だまされて来た嫁・姑連合軍

森安の本家は、対岸の新保地区で染物業を 営む旧家だった。

その分家が三国で麻を商っ ていたが、男の子がなく、娘のブンに九谷焼 の職人だった竹松を婿に迎えた。

夫婦は蕎麦屋を開いた。それが明治三十年代のこと。
 竹松は筆まめな人で、いまも残る当時の大福帳には、出前の記録が克明に書かれている。

 その几帳面さはいまも康作さんに引き継がれている。ただしこちらは大福帳ではない。「これでお客の傾向がズバリ分かります」と、四代目は帳場のパソコンをたたいてみせた。

 竹松夫妻にも子どもがなく、故郷の石川県から姪のキワを呼んで養女とし、婿を迎えた。 それが作太郎。一男さんの父親である。

 五男二女の長男だった一男さんは、店はだれかが継ぐだろうと、岐阜の高等農林(現岐阜大)を出て獣医となり、岐阜県に勤めた。

 だが、イザとなると店を継ぐ者がない。結局、三十歳のとき、岐阜県庁を辞めて店に入つた。お役人の娘だった女房を納得させるのに苦労しましたと、息子と同じことをいう。

 その美佐保夫人は上品なおばあちゃまだ。
「ここに来たとき、家族は十三人。夫婦で見よう見まね、仕事を覚えました」

 近在の農家には牛が多かったが、獣医が足りなかった。ぜひにと頼まれて、一男さんは翌年、獣医を開業した。

その直後、元気だった父の作太郎さんが六十歳で急死した。

 朝、蕎麦を仕込んで農家回りに出る。結局、店の仕事は美佐保さんに押しっけられた。

 二代つづいて、"だまされて”蕎麦屋のカミさんになつた嫁・姑は仲がいい。
「息子夫婦が帰った翌年、財布は嫁さんに渡しました。

 いまはお小遣いをいただく身分」と、美佐保さんはいう。
「その小遣いは獣医さんから?」と聞いたら、「いいえエ、蕎麦屋のほうですよ」と笑った。

 暢気な蕎麦屋に思わず長居した。暗くなった街に出ると、丘の上の「龍翔館」が美しい照明に浮き上がって見えた。
日本麺類業団体連合会発行
めん 1992年11月号
作:富永政美様
より抜粋


←前へ

UDON-SOBA SENMONTEN SOBADOKORO-MORIYASU 2002 All Rights Reserved.
info@udon-soba.com